クルーグマン教授:歳出削減は有害、財政引き締めは失業増やす

ノーベル経済学賞受賞者で米プリ ストン大学教授のポール・クルーグマン氏は、財政政策の引き締めにつ いて、「失業を大幅に増やす」リスクがあると述べ、米景気拡大を持続 させるために歳出増を訴えた。

クルーグマン氏は、MSNBCテレビのジョー・スカーバラ氏が行 った共同インタビューで、「歳出削減を続けて景気回復を阻害するの か、米経済が必要とする資金をせめて使うことを目指すのか、それが現 時点で極めて重大な問題だ」と語った。インタビューはPBSが4日、 ブルームバーグテレビジョンでは5日に放映される。

クルーグマン氏はまた、財政の引き締めがなければ、「かなり確か な」景気回復の下地が整っていただろうと発言。「米経済は需要不足に 苦しんでいる。つまり、いかなる種類の歳出削減も現時点では有害な影 響を及ぼすだろう」と警告した。

原題:Krugman Says Stimulus Needed as Budget Cuts Harmful for Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE