豪中銀:政策金利を3%に据え置き-必要なら追加緩和余地

オーストラリア準備銀行(中央銀 行、RBA)は5日、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレート の誘導目標を3%に据え置いた。同中銀は需要押し上げのため、必要な ら追加緩和を実施する余地があるとの見解をあらためて示した。

ブルームバーグ・ニュースの調査によると、エコノミスト29人中27 人が金利据え置きを予想。残り2人は0.25ポイントの利下げを予想して いた。

スティーブンス総裁は声明で、「インフレ率が目標に合致する公算 が大きく、向こう1年間の成長がトレンドを若干下回る可能性が高いこ とから金融政策の緩和的スタンスは適正だ」と説明。「現在推定される インフレ見通しは必要なら追加緩和を行う余地をもたらすだろう」と指 摘した。

豪州の資源投資ブームがピークに達する中で、RBAは建設業など の産業の刺激策として、昨年5月から12月にかけて政策金利を計1.25ポ イント引き下げ。その後は中国のインフラ支出拡大でコークス用炭や鉄 鉱石など主要輸出品の価格が回復しており、先月に続き政策金利を据え 置いた。

スティーブンス総裁は「状況の緩和により、予想されていた効果の 一部が表れている兆候がみられる」とした上で、「一方為替相場は、輸 出品の値下がりを考慮すれば予想される水準より引き続き高く、信用需 要は家計や企業が引き続き債務の縮小を目指していることから弱い」と 分析した。

原題:RBA Holds Key Rate at 3%, Reiterates Scope to Ease Further (1)(抜粋)

--取材協力:Daniel Petrie.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE