中国:2月のHSBCサービス業PMIは52.1-前月から鈍化

中国のサービス業活動は2月に、拡 大ペースが鈍化したことが民間調査で示された。中国の景気回復が緩慢 になりつつある新たな兆候だ。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが5日 発表した2月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)は52.1と、前 月の54から鈍化。同指数は50を超えるとサービス業活動の拡大を示す。

中国国家統計局と中国物流購買連合会が3日発表した2月の中国非 製造PMIでは、サービス業活動の拡大ペースが昨年9月以来の低水準 となったことが示されていた。

中国製造業活動の拡大ペースが2月に鈍化したことを示した2つの データとともに、今回の統計で同国経済の回復は鈍いとの見通しが強ま る可能性がある。中国の温家宝首相は5日、今年の成長目標を昨年と同 じ7.5%にすると発表した。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏(香港在勤)は 発表資料で、「2月のサービスセクターの成長は需要の伸び鈍化で緩や かだった。最近の中央政府による倹約キャンペーンや、春節(旧正月) 期間前後のデータの振れの影響を受けているようだ」と説明。その上 で、サービス業活動は「健全な労働市場」と製造業の成長回復に伴って 数カ月以内に「緩やかな改善」を示す可能性があると分析した。

原題:China Services Industries Expand at Slower Pace, HSBC PMI Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE