ADB:アジア域内のFTA締結が活発化-WTO交渉の遅れで

  アジア開発銀行(ADB)は4 日、世界貿易機関(WTO)の多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)が 遅れていることから、域内で自由貿易協定(FTA)を締結する動きが 活発化してきているとするアジア経済統合モニターを発表した。 *FTA締結の動きはアジアが最も活発で、アジアの国・地域が関係し たFTAで批准されたものは100件を超え、これ以外にも148件の協定が 交渉中 *WTOのドーハ・ラウンドの遅れがFTA拡大につながっている可能 性があるが、それは新たな課題を生み、世界貿易システムを分断する恐 れがある *通貨スワップは域内中央銀行間の主要な協力形態となっており、中国 が活用することで双方向の貿易・投資を促進し人民元の国際化に寄与す る

*アジア域内の国際送金の活発化は労働力の移動が高まっていることを 示唆しており、紛争回避のため労働力に関するより良い管理が求められ よう *世界的な金融危機や欧州債務危機によって促進されてきたアジア域内 での一段の経済協力は、今後は「より困難となる公算」

原題:Asian FTAs Seen Rising With Delays in Doha Trade Talks, ADB Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE