米ボーイング:胴体延長型「787-10」の販売計画に遅れ

米航空機メーカー、ボーイングは4 日、バッテリートラブルが相次いだ最新鋭旅客機「787」(ドリームラ イナー)の運航停止により、同機種の胴体延長型である「787-10」の 販売を開始する計画が滞っていることを明らかにした。

商用機部門のレイ・コナー社長は「運航停止により進行が若干遅れ ていることは明らかだ」と述べた。計画がどの程度影響を受けたかは明 らかにしなかった。

コナー社長はニューヨークでのJPモルガンの会合で、「787 -10」とワイドボディー機「777」の最新モデルである「777-X」が十 分関心を集め、正式発売の取締役会承認に向け近く前進できると期待し ていると語った。

原題:Boeing Says Plans for Stretched 787-10 Slowed Amid Battery Woes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE