レーン欧州委員:赤字削減の期限先送り認められるケースも

リセッション(景気後退)で国家財 政が痛手を受けている欧州諸国の一部は財政赤字の削減期限の先送りが 認められる可能性があると、欧州連合(EU)の行政執行機関である欧 州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は指摘した。

レーン委員は4日にブリュッセルで開かれたユーロ圏財務相会合後 に記者団に対し、「過大な赤字を是正する期限の見直しが一定のケース では正当化される可能性もある」と語った。

原題:Rehn Says Longer Deficit-Cut Deadlines Possible in Some Cases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE