NY金:4日ぶり上昇、日米の中銀が緩和策継続との見通し

ニューヨーク金先物相場は小幅なが ら4営業日ぶりに上昇。日米の中央銀行が緩和措置を継続するとの観測 が背景。

次期日銀総裁候補の黒田東彦氏はデフレ脱却へ向け可能なことは何 でもやると表明。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン副議長は 毎月850億ドル(約8兆円)の債券購入を推し進めるべきだとの認識を 示した。

ストリートトーク・アドバイザーズ(ヒューストン)のランス・ロ バーツ最高経営責任者(CEO)は電話インタビューで、「緩和的な金 融政策が当面は続きそうだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前週末比10セント高の1オンス=1572.40ドルで終了した。

原題:Gold Advances on Japan, U.S. Outlook for More Stimulus Measures(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE