ミネアポリス連銀総裁:失業率基準は引き下げざるを得ない

ミネアポリス連銀のコチャラコタ総 裁は、米金融当局は政策金利を決定する目安としている失業率の基準値 を引き下げざるを得ないだろうと述べた。

コチャラコタ総裁は、昨年12月に実施されたインタビューで、「い ずれ失業率の基準値を引き下げざるを得なくなる時が来ることを懸念し ている。またそれまでの間にすべての金融緩和を失うことになることを 心配している」と述べた。ミネアポリス連銀は4日、同総裁のインタビ ューをウェブサイトに掲載した。

原題:Kocherlakota Says Fed May Need Lower Unemployment Rate Threshold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE