イラン核協議、こう着打開へ緊迫感必要-IAEA事務局長

国際原子力機関(IAEA)の天野 之弥事務局長は、イランの核関連施設への立ち入りをめぐる同国と国連 査察団との協議のこう着状態を打開する必要が一層差し迫っているとの 認識を示した。

天野事務局長は4日、ウィーンで開かれたIAEA理事会の席上、 「緊迫感を持ち、短期的に成果を出すことに焦点を絞って交渉は実施さ れなくてはならない」と指摘した。

事務局長はまた、「構造的アプローチに関する合意の是非にかかわ らず、パルチン軍事施設への立ち入りを一日も早く許可するよう」イラ ンに求めた。査察団とイランはこれまで1年以上にわたって話し合いを 続けてきたが、広範な査察を可能にする構造的アプローチに関して合意 に至っていない。

IAEAはイランが核兵器の実験施設をパルチン軍事施設内に建設 したとの情報を得たと明らかにしている。

原題:Iran Nuclear Talks Need Urgency, IAEA Chief Amano Tell Diplomats(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE