ルービニ氏:世界の株価上昇は欧米のリスク反映していない

米ニューヨーク大学のヌリエル・ル ービニ教授は、このところの世界の株価上昇は、欧州債務危機や米歳出 削減に伴う経済成長へのリスクを反映していないと指摘した。同氏 は2008年の金融危機を正確に予測したことで知られる。

各国の金融当局が景気刺激策に動く中、世界の株式市場の時価総額 は2013年初め以降、2兆ドル(約186兆5000万円)余り増加した。ルー ビニ氏は、財政緊縮措置や政局混乱に伴う欧州のリセッション(景気後 退)深刻化や米国の景気減速といったリスクが今年下期に再び浮上する 可能性はあるとの見方を示した。

同氏は4日のインタビューで、「こうしたリスクは、現在のところ 市場ではあまり織り込まれていない」とした上で、「リスクは今年上期 は抑えられるかもしれないが、今後再び表面化する可能性もある」と指 摘した。

さらに「市場は、米国での強制歳出削減や協議の行き詰まりが経済 や市場にもたらし得る悪影響を過小評価している」と述べた。

原題:Roubini Says Global Equity Rally Masks Risk From Europe to U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE