香港株(終了):下落、不動産株が安い-中国が住宅規制強化

香港株式相場は下落。指標のハンセ ン指数がこの1週間余りで最大の下げとなった。中国当局が不動産価格 抑制を目指して住宅ローン規制を強化したことを嫌気し、中国不動産株 が売られた。

中国政府系のチャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK) は8.9%下落し、2011年10月以来の大幅安となった。マカオでカジノ運 営を手掛けるサンズ・チャイナ(1928 HK)は1.2%安。同社の親会社が 海外腐敗行為防止法(FCPA)に違反した可能性があると初めて認め た。

中国最大の産銅会社、江西銅業(358 HK)は銅相場の下落を受け て3.5%値下がり。中国サービス業活動の拡大ペースが昨年9月以来の 低水準に鈍化する中、中国工商銀行(1398 HK)や中国農業銀行(1288 HK)などの銀行株も売られた。

ハンセン指数は前週末比342.41ポイント(1.5%)安の22537.81 と、2月21日以来最も大きく下げて終了。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前週末比2.1%安の11104.65で引けた。中国では5日、北京で全 国人民代表大会(全人代、国会に相当)が開幕する。

敦沛証券(香港)のバイスプレジデント、ジャクソン・ウォン氏 は、不動産規制は「いかなるバブルとの闘いもためらわないという中国 政府の姿勢を示唆している。最大の懸念は売却時に課される不動産税 (現行20%)であろう。これは大きな数字であり、中国の不動産市場全 体に間違いなく打撃を与えるだろう」と語った。

原題:Hong Kong Stocks Fall as China Developers Drop on Tighter Rules(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE