日銀は「消化試合」で現状維持へ、「ゼロ回答」はあり得ない4月会合

日本銀行が6、7日に開く金融政策 決定会合は、政策の現状維持が見込まれている。白川方明総裁をはじめ 現正副総裁にとっては今回が最後の会合。新体制の下で開かれる4月以 降の会合で、安倍晋三首相が唱える大胆な金融緩和がどのような形で実 行に移されるかに関心が高まっている。

ブルームバーグ・ニュースが有力日銀ウオッチャー13人を対象にし た調査では、全員が現状維持を予想した。SMBC日興証券の岩下真理 債券ストラテジストは「白川総裁最後の金融政策決定会合は昨秋以降の 4回の追加緩和の累積効果を見守り、静かに終わるだろう。市場の関心 事は新体制による新たな追加策に移っており、消化試合の3月会合の現 状維持は既定路線だ」としている。

政府は、アジア開発銀行(ADB)総裁の黒田東彦氏を日銀総裁候 補、学習院大学の岩田規久男教授を副総裁候補として提示した。岩下氏 は「積極的な緩和論者2人の起用で、市場では大胆な金融緩和への期待 が強まり、初会合となる4月3、4日の会合ではゼロ回答はあり得ない 雰囲気になりつつある」という。

黒田氏は4日午前、衆院議院運営委員会で所信聴取に臨み、「金利 引き下げの余地が乏しい現状では、市場の期待に働き掛けることが不可 欠だ」と指摘。「もし私が総裁に選任されれば、市場とのコミュニケー ションを通じて、デフレ脱却に向けてやれることは何でもやるという姿 勢を明確に打ち出していきたい」と表明した。

日銀券ルールも見直し対象に

具体的には「長期国債の買いオペについては残存期間1年から3年 を対象にしているが、国債は5年や10年のものもあるので、1年から3 年に限る必要はない。もっと長いものも買うことを検討していく」と言 明。13年末までに資産買い入れ等基金を101兆円に、14年以降に期限を 定めず毎月買い入れを続けていく方式(オープンエンド方式)について は「前倒しの件は当然検討することになる」と述べた。

日銀の保有長期国債が日銀券を上回らないようにするルールも見直 しが「当然検討対象になる」と表明。「何か聖域を設けて検討しないと いうことはない」とした上で、「あらゆる手段を講じてできるだけ早期 に目標を達成する」と繰り返した。もっとも、外債購入に関しては「大 量に買うことは国際ルールからも難しい」と語った。

シティグループ証券の村嶋帰一チーフエコノミストは「新体制の下 での政策運営は現体制とは異なり、足元の景気動向とはほとんど関係な く2%の物価目標達成を目指して行われることになろう」と指摘。「新 体制下での初会合となる4月3、4日会合で、追加緩和措置が打ち出さ れる可能性が高い。金融市場に対して主導権を握るためには、4月26日 の会合を待つことのリスクは高いだろう」とみる。

当面、出口政策はタブーに

具体的な追加緩和措置として、エコノミストの間では、資産買い入 れ等基金における長期国債の買い入れについて、①現在44兆円としてい る13年中の買い入れの拡大②14年以降に導入するオープンエンド方式の 買い入れの前倒し③現在1年以上3年以下としている残存期間の長期化 -を予想する声が多い。

BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは「年限を10年 まで長期化すれば国債購入規模はさらに拡大可能となる。購入年限の長 期化で将来の出口は極めて困難となるが、当面は出口を語ることはタブ ーといった『空気』になるかもしれない」という。実際、黒田氏は「今 はデフレが15年続いているので、大胆な金融緩和をすることが第1義的 に必要だ」と述べ、出口政策は時期尚早との見方を示した。

さらに、日銀券の伸びに合わせて行っている輪番オペや、日銀券ル ールの見直しも俎上(そじょう)に上るとみられている。東海東京証券 の佐野一彦チーフストラテジストは基金の増額や買い入れる資産の拡 大、年限の長期化に加え、輪番オペの増額や日銀券ルールの一時棚上げ が「優先される選択肢だ」と指摘する。

時間軸政策も見直しへ

時間軸政策も見直しの対象となる可能性がある。河野氏は「オーバ ーナイトの将来予想経路の水準を引き下げるべく、フォワード・ガイダ ンス(時間軸政策)の強化も行われる可能性も高い」と指摘。具体的に は「『2%インフレが視野に入るまでゼロ金利政策を続ける』など、従 来以上に踏み込んだ方針が示されると見られる」という。

4日の所信聴取では、日銀当座預金の超過準備に適用される0.1% の付利については何の言及もなかった。東短リサーチの加藤出チーフエ コノミスト「付利の引き下げ・撤廃の可能性は排除できないものの、そ れは資産買い入れ等基金の積み上げを難しくするため、円高局面が来る までは様子見か」としている。

================================================================ ◎利上げ予想時期は次の通り(敬称略)【2015年7-9月以降】BNP パリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミスト、信州大学の真壁昭夫教授

【2015年10-12月以降】みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノ ミスト【2016年1-3月以降】SMBC日興証券の岩下真理債券ストラ テジスト、東海東京証券の佐野一彦チーフストラテジスト、クレディス イス証券の白川浩道チーフエコノミスト、野村証券の松沢中チーフスト ラテジスト(レンジ誘導停止)、シティグループ証券の村嶋帰一チーフ エコノミスト、バークレイズ証券の森田長太郎チーフストラテジスト

【2016年4-6月以降】三菱UFJモルガン・スタンレー証券の石井純 チーフ債券ストラテジスト、東短リサーチの加藤出チーフエコノミス ト、JPモルガン証券の菅野雅明チーフエコノミスト、第一生命経済研 究所の熊野英生首席エコノミスト =============================================================== 無担保コール翌日物金利の予想は以下の通り(敬称略50音順)

                      13   13   13   13   14   14   14   14
           3末 6末 9末 12末 3末 6末 9末 12末
-------------------------------------------------------------
調査機関                13   13   13   13   13   13   13   13
中央値                 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
最高                   0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
最低                   0.10 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
-------------------------------------------------------------
三菱UFJ・MS 石井      0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
SMBC日興証 岩下       0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
みずほ証 上野          0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
東短リサーチ 加藤      0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
JPモルガン証 菅野         0.10 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05
第一生命経研 熊野      0.10 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
BNPパリバ証 河野     0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
東海東京証券 佐野   0.10 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05
クレディS証 白川      0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
信州大 真壁            0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
野村証 松沢            0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
シティG証 村嶋        0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
バークレイズ証 森田       0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10

(注)無担保コール翌日物金利の予想の0.10%は政策金利「0.0 -0.1%」の現状維持。アンケート回答期限は4日午前8時。「日銀サ ーベイ」金利予想、経済・物価情勢、金融政策の展望コメントを5日朝 に送信しました。ブルームバーグでは、回答者を拡大したサーベイも実 施しています。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE