カナダ:ボーイングなど5社に情報求める-次期戦闘機選定で

カナダ政府は現行の「CF18ホーネ ット」に代わる次期戦闘機の選定に向けて、米ボーイングやロッキー ド・マーチンなど航空機メーカー5社に自社機の技術的能力に関する情 報提供を求めている。

カナダ公共事業省が3日発表した声明によると、ボーイングやロッ キードのほか、フランスのダッソー・アビアシオンとEADS、スウェ ーデンのサーブが対象で、期限は6週間後。その後、政府の戦闘機調達 担当部門がコストに関する情報をめぐり2回目の質問状を送付するとい う。

CF18はマクドネル・ダグラス(現在はボーイング傘下)が1982年 にカナダ空軍への納入を開始。公共事業省によると、2017-20年中に耐 用年数が切れるという。

原題:Boeing, Lockheed Among 5 Fighter-Jet Makers Queried by Canada(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE