米株式の空売り、07年以降で最低-「弱気のサイン」との声も

株式に対する弱気な投資スタンスが 少なくとも2007年以降で最低となっている。米国株の強気相場は5年目 に入る。

S&P1500種指数の空売りは2月、取引可能な株式全体の5.6%に 低下した。これはビスポーク・インベストメント・グループとブルーム バーグが6年前に集計を開始して以降で最も少ない。前回この水準に近 づいた際は、S&P1500種がその後の3カ月で3.3%下落した。空売り が全体に占める割合は、信用危機時には過去最高の12%を付けていた。

強気派は、弱気派の後退は上昇相場の勢いが失われておらず、株式 市場への一段の資金流入が期待できることを示していると主張する。株 式投資信託への個人投資家からの資金の流入は1月に379億ドル(約3 兆5000億円)と04年以来の高水準となったが、こうした傾向は伝統的に 強気相場の長期化に対する警告とも捉えられている。フォード・モータ ーとキャボット・オイル・アンド・ガスの空売りは1%に満たない。

ニューヨークに本拠を置くヘッジファンド、プラチナム・パートナ ーズのウリ・ランデスマン社長は2月28日の電話インタビューで「空売 りが今のように少ない状況は、投資家が株式市場に対して極めて強気で あることを意味する」と指摘。その上で「これは弱気のサインでもあ る。市場参加者全員の心理が変われば相場は上向きでなく、下向きとな るからだ」と述べた。

米株式相場の回復は今週で5年目に入る。S&P500種株価指数 は07年10月に付けた史上最高値の1565.15まで約3%に迫っている。

原題:Short Sales Fall 53% With U.S. Bull Market Starting Fifth Year(抜粋)

--取材協力:Cordell Eddings.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE