日銀総裁候補・黒田氏:可能なことは何でもやる姿勢明確に-所信

政府が先に次期日本銀行総裁候補と して国会に提示した黒田東彦氏は4日午前、衆院議院運営委員会で所信 聴取に臨み、これまでの日銀政策は2%の物価目標の達成に不十分とし た上で、デフレ脱却へ向け可能なことは何でもやると表明し、大胆な金 融緩和を進める意向を示した。物価目標の達成は2年を目指すとした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。