3月1日の欧州マーケットサマリー:独債上昇、域内失業率が最悪

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。 (表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3032   1.3057
ドル/円             93.61    92.56
ユーロ/円          121.99   120.85


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  289.02     -.92      -.3%
英FT100     6,378.60   +17.79     +.3%
独DAX      7,708.16   -33.54     -.4%
仏CAC40    3,699.91   -23.09     -.6%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .03%        -.01
独国債10年物     1.41%       -.04
英国債10年物     1.87%       -.10


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,582.25    -6.25     -.40%
原油 北海ブレント        110.37     -1.01     -.91%

◎欧州株:反落、中国と英国の製造業指数低下を嫌気-リオ安い

1日の欧州株式相場は反落。中国や英国で製造業活動を示す指数が 低下したほか、ユーロ圏の1月の失業率が過去最悪となったことを嫌気 した。ストックス欧州600指数は2月まで月間ベースで9カ月連続高と なっていた。

英・オーストラリア系鉱山会社のリオ・ティントを中心に商品銘柄 が安い。ベルギーの通信会社、ベルガコムは2004年の新規株式公開 (IPO)以来の安値。13年の業績見通しが市場予想に届かなかった。 オランダのタンクターミナル会社ロイヤル・ヴォパックはここ4年余り で最大の下落。12年の営業利益が前年を下回った。一方、フランスの防 衛電子機器メーカー、ターレスは13年ぶり大幅高。通期利益がアナリス ト予想を上回った。

ストックス欧州600指数は前日比0.3%安の289.02で終了。一時 は1.1%下げた。前週末比では0.2%上昇。年初来では3.3%の値上が り。

ミラボー・セキュリティーズ(ジュネーブ)のバイスプレジデン ト、ジョン・プラサード氏はユーロ圏失業率など、「市場はマクロ経済 データに注目している」と指摘。「米国で今晩期限を迎える財政協議も 注目されている」と続けた。オバマ米大統領は、連邦歳出の強制削減の 発動回避を目指しているが、それに残された時間は1日午後11時59分ま で。

この日発表されたユーロ圏の1月の失業率は11.9%と過去最悪。英 国の2月の製造業景気指数は予想に反して47.9に低下。中国の同月の製 造業購買担当者指数(PMI)も50.1と、1月の50.4から予想に反して 低下した。両指数は50を下回ると製造業活動の縮小を表す。

この日の西欧市場では、18カ国中11カ国で主要株価指数が下落し た。

原題:European Stocks Retreat on U.K., Chinese Manufacturing Reports(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債上昇、ユーロ圏失業率が最悪-伊国債は下落

1日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、10年債利回りは8 週間ぶりの水準に低下した。ユーロ圏の1月の失業率が過去最悪とな ったほか、製造業活動の縮小があらためて示され、安全資産を求める 動きが強まった。

独10年債は週ベースでは2週連続高。経済データはユーロ圏の リセッション(景気後退)深刻化を裏付けている。イタリア債は3日 ぶりに値下がり。同国では1月の失業率が少なくとも1992年以来 の高水準に達したほか、総選挙後の政局混迷の中で民主党のベルサニ 党首が、対立するベルルスコーニ前首相との連立を否定した。

INGグループの先進国市場債券責任者、パドライク・ガービー 氏(アムステルダム在勤)は「ドイツ10年債利回りが1.5%近く というのは、ユーロ圏が依然として厳しい環境下にあることを反映し ている」と指摘。「経済見通しは引き続き弱く、一段の利下げを実施 する余地がある。スペインとイタリア、ギリシャにはシステミックリ スクが残っており、安全資産の需要を支えている」と説明した。

ドイツ10年債利回りはロンドン時間午後5時現在、前日比4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.41%。一時は

1.40%と、1月2日以来の低水準に達した。同国債(表面利率

1.5%、2023年2月償還)価格は0.405上げて100.825。利回 りは今週1週間で16bp低下した。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)がこの日発表した1 月のユーロ圏失業率は11.9%と、統計開始の1995年以来で最高。 マークイット・エコノミクスが同日発表した2月の域内製造業景気指 数(改定値)は47.9と前月から横ばい。同指数は50が活動拡大 と縮小の分かれ目。

イタリア10年債は週ベースで2週連続安となった。利回りはこ の日、6bp上げて4.79%。前週末比では34bp上昇。ベルサニ 氏は同国紙レプブリカとのインタビューで、ベルルスコーニ氏の自由 国民を含めた大連立は民主党の「死を意味するだろう」と語った。

英国債は上昇。10年債利回りは週ベースで、2011年11月以 降最大の下げ。この日発表された2月の同国製造業景気指数が予想に 反して下がった。

ロンドン時間午後4時40分現在、英10年債利回りは前日比 10bp低下の1.87%。これは昨年12月31日以来の低水準。同 国債(表面利率1.75%、2022年9月償還)価格は0.865上げて

98.94。利回りは前週末比で24bp下げ、2011年11月4日終了 週以来最大の低下となった。

原題:German Bunds Rise as Unemployment Climbs; Italian Bonds Fall(抜粋) 原題:Pound Drops Below $1.50 as Manufacturing Shrinks; Gilts Advance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE