アジア・太平洋株式サマリー:香港・中国は大幅高、印株も反発

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数は3日ぶりに反落した。来週に 全国人民代表大会(全人代、国会に相当)を控える中、経済指標で中国 の製造業の拡大ペースが市場予想に反して鈍化したことが示された。

鉄鋼メーカーの中信泰富(267 HK)は5.5%安。また、江西銅業 (358 HK)が2.5%値下がりするなど、資源株が下落した。中国アルミ (チャルコ、2600 HK)やペトロチャイナ(中国石油、857 HK)も下げ た。

香港最大の不動産開発会社サンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基 地産発展、16 HK)は1.9%安。香港当局の不動産価格上昇の抑制に向け た措置を受け、同社は住宅販売目標を引き下げた。

ハンセン指数は前日比140.05ポイント(0.6%)安の22880.22で終 了。週間ベースでは0.4%上昇となった。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前日比0.8%安の11344.24で引けた。

第一上海証券のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港 在勤)は、「依然として全人代待ちの状況だ」と指摘、「さらなる規制 が打ち出されるかどうかが大きな懸念材料だ」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。製造業の統計結果を受け、中国の景気回復が 勢いを失いつつあるとの懸念が広がった。

中国神華能源(601088 CH)や江西銅業(600362 CH)を中心に石炭 株や金属株が安い。中国国家統計局と中国物流購買連合会が1日発表し た2月の製造業PMIは50.1と、エコノミストの予想中央値である50.5 を下回った。中国の保険最大手、中国人寿保険(601628 CH)は1週間 ぶりの大幅下落。2012年通期が40%減益となったもようだと明らかにし たことが響いた。

上海復星医薬(集団、600196 CH)を中心に製薬株は高い。利益が景 気減速の影響を受けにくいとの安心感から買いを集めた。江蘇恒瑞医薬 (600276 CH)も値上がり。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比6.09ポイント(0.3%)安の2359.51で終 了。1.5%高や0.2%安となる場面もあり方向感のない展開だった。上 海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.2%安 の2668.84。

大衆保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は、「PMIは景 気回復が一本調子にはいかないことを示している」と指摘。「投資家は ディフェンシブなモードになりヘルスケア関連株を買った」と解説し た。

【インド株式市況】

1日のインド株式相場は上昇。成長減速でインド準備銀行(中央銀 行)が金融緩和に動くとの期待が高まったほか、外国人投資家を対象と した税規則の変更をめぐり政府が明確にしたことが好感された。指標の センセックス30種指数は週間ベースでは、下げ幅を縮めたものの9カ月 ぶり大幅安。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種指数は前日 比56.98ポイント(0.3%)高の18918.52で終了。週間では2.1%下げ、 昨年5月以来の大幅下落となった。2月は5.2%下げ、月間ベースで昨 年5月以降最大の値下がりとなっていた。

金融機関が買われ、ICICI銀行は1.5%、住宅金融のハウジン グ・デベロップメント・ファイナンス(HDFC)は2.6%それぞれ上 げた。同国最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・インディア は5.2%上昇。

前日発表されたインドの2012年10-12月(第4四半期)国内総生産 (GDP)は前年同期比4.5%増と、約4年ぶりの低成長となった。チ ダムバラム財務相の予算案の説明によれば、来年度(13年4月-14年3 月)の財政赤字目標は国内総生産(GDP)の4.8%。赤字比率は今年 度見込みの5.2%から下がる見通しで、中銀は利下げをしやすくなる。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比17.95ポイント(0.4%)安の5086.13。

【韓国株式市況】

1日の韓国株式市場は三一節の祝日のため休場。取引は4日に再開 される。

【台湾株式市況】

加権指数は前営業日比66.65ポイント(0.8%)高の7964.63。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE