伊モンテ銀,野村とドイツ銀を提訴-デリバティブで賠償求める

イタリアの銀行モンテ・デイ・パス キ・ディ・シエナは、損失につながった2件のデリバティブ(金融派生 商品)取引について賠償を求め、ドイツ銀行と野村ホールディングス (HD)を提訴した。モンテ・パスキは2月28日に伊政府から41億ユー ロ(約4960億円)の資金注入を受けた。

シエナを拠点とするモンテ・パスキは、フィレンツェの裁判所に2 件の別々の訴訟を起こした。2008年と09年に結んだ「サントリーニ」と 「アレクサンドリア」というデリバティブ契約をめぐり損害賠償を求め た。モンテ・パスキが1日明らかにした。同行は元幹部のアントニオ・ ビーニ、ジュゼッペ・ムッサーリ両氏についても、取引に関与したとし て訴えた。賠償請求額は明らかにしていない。

ドイツ銀の広報担当、カスリン・ヘインズ氏と野村の広報のロブ・ デイビーズ氏はコメントを控えた。ビーニ、ムッサーリ両氏の代理人で ある弁護士に電話取材を試みたが応答はない。

世界最古の銀行であるモンテ・パスキはデリバティブを使った損失 隠しの疑いで監督当局と検察の調査・捜査を受けている。イタリア国債 に関連したサントリーニについてはブルームバーグ・ニュースが1月17 日に報じた

事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に述べたところによると、 元幹部らはデリバティブ問題に加え、07年の買収に絡む違法行為につい ても捜査されている。

モンテ・パスキによれば、2件のデリバティブ取引はそれ以前の 「ノタ・イタリア」という取引の損失を隠し、評価額を歪めたことで損 失を拡大させた。

原題:Monte Paschi Sues Nomura, Deutsche Bank Over Derivative Bets (2)(抜粋)

--取材協力:Nicholas Comfort.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE