中国株(終了):下落-製造業PMIで景気回復の失速懸念

中国株式相場は下落。製造業の統計 結果を受け、中国の景気回復が勢いを失いつつあるとの懸念が広がっ た。

中国神華能源(601088 CH)や江西銅業(600362 CH)を中心に石炭 株や金属株が安い。中国国家統計局と中国物流購買連合会が1日発表し た2月の製造業PMIは50.1と、エコノミストの予想中央値である50.5 を下回った。中国の保険最大手、中国人寿保険(601628 CH)は1週間 ぶりの大幅下落。2012年通期が40%減益となったもようだと明らかにし たことが響いた。

上海復星医薬(集団、600196 CH)を中心に製薬株は高い。利益が景 気減速の影響を受けにくいとの安心感から買いを集めた。江蘇恒瑞医薬 (600276 CH)も値上がり。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比6.09ポイント(0.3%)安の2359.51で終 了。1.5%高や0.2%安となる場面もあり方向感のない展開だった。上 海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.2%安 の2668.84。

大衆保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は、「PMIは景 気回復が一本調子にはいかないことを示している」と指摘。「投資家は ディフェンシブなモードになりヘルスケア関連株を買った」と解説し た。

原題:Chinese Stocks Fall on Manufacturing Reports Before NPC Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE