NY外為:ユーロが一時1.30ドル割れ-ECBに利下げ余地

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロが対ドルで2カ月ぶりに一時1.30ドルを割り込んだ。ユーロ圏の2 月の製造業景気指数が活動縮小を示したほか、失業率が過去最悪を更新 したことを受けた。

ユーロは週間ベースでは4週続落と、昨年6月以来の長期下落局 面。域内経済のリセッション(景気後退)が続く兆候が見られたこと で、欧州中央銀行(ECB)に利下げ余地があることが裏付けられた。 ドル指数は8月以来の高水準。強制歳出削減を回避できなかったことか ら、より安全な資産を求める動きが強まった。ポンドは大幅安。英国の 製造業の指数が、予想外に活動の縮小を示したことが嫌気された。

BNPパリバのチーフディーラー、ピーター・ゴラ氏は「ユーロが 下落していくのは時間の問題だ」とし、「世界で成長減速を示す状況が 見られ、強制歳出削減や欧州情勢に神経質になっていると言わずにはい られない」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.3%安 の1ユーロ=1.3022ドル。一時1.2967ドルと、12月11日以来の安値を付 けた。週間では1.3%安となった。対円ではこの日0.8%上げて121円87 銭。ドルは対円で1.1%上げて1ドル=93円59銭。

テクニカル指標

テクニカル指標では、ユーロの最近の下げが反転する可能性を示し ている。対ドルのユーロ相場の相対力指数(RSI、期間14日)は32 と、相場反転を示唆するとされる30に近い。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.4%上げて82.268。一時8月以来の高水準を付けた。

強制歳出削減の回避に向けた対応をめぐり米議会の協議が行き詰ま る中、安全を求めドルを買う動きが広がった。

ユーロは2月、主要16通貨中で2通貨を除き全てに対して値下が り。対ドルでは4%、対円では3%下げた。一方、ドルは円に対 し0.9%上昇と5カ月連続での上げとなり、2008年8月以来の長期連続 上昇となった。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) のビル・グロース氏は1日、ツイッターへの投稿で円、ポンド、ユーロ は「低調な経済を反映している」と指摘。「メキシコ・ペソとブラジ ル・レアルを買うように」と記した。

ユーロ圏経済

マークイット・エコノミクスが1日発表した2月のユーロ圏製造業 景気指数(改定値)は47.9と、活動拡大と縮小の分かれ目となる50を下 回った。また欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が1日発表し た1月のユーロ圏失業率は11.9%と、統計開始の1995年以来で最高とな った。

三菱東京UFJ銀行の為替ストラテジスト、リー・ハードマン氏 (ロンドン在勤)は「全般的な情勢は、ユーロ圏経済が依然リセッショ ンから抜け出せていない事実と一致している」と指摘。「ユーロには下 振れリスクがある。ECBは来週の政策決定会合で追加緩和に近づいて いると示唆する可能性もある」と続けた。

ポンドは対ドルで一時、10年7月以来の安値に下落。2月の英製造 業景気指数は47.9に低下した。市場予想は51だった。

ポンドは対ドルで0.8%安の1ポンド=1.5038ドル。一時10年7月 以来の安値を付けた。対ユーロでは0.6%下げて1ユーロ=86.608ペン ス。

原題:Euro Falls Below $1.30 as Economic Weakness May Spur ECB Moves(抜粋)

--取材協力:Kevin Buckland、Candice Zachariahs.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE