中国:2月住宅価格は0.8%上昇、9カ月連続値上がり-捜房

中国の2月の新築住宅価格は9カ月 連続で上昇し、政府が新たな不動産抑制策を導入するとの懸念が強まっ ている。中国最大の不動産ウェブサイトを運営する捜房が1日に発表し た。

捜房の発表資料によれば、2月の住宅価格は1平方メートル当た り9893元(約14万7300円)と、1月と比べ0.8%の値上がり。前年同月 比では2.5%上昇した。調査は100都市を対象に行われた。

CIMB・GKセキュリティーズ・リサーチの不動産アナリスト、 ジョンソン・フー氏(香港在勤)は「政府が一段の抑制策を講じるリス クが高まっている」と指摘。「ただ、抑制措置の強化は段階的なプロセ スとなり、住宅価格は今後数か月間、上昇を続けるだろう」と述べた。

捜房によると、都市別で最大の伸びを示したのは江蘇省の常熟市 で、前月から4.1%上昇。北京の伸び率は1%で、上海も1.3%値上がり した。

原題:China’s New Home Prices Advance for Ninth Month, SouFun Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE