中国政権交代めぐる環境、10年前と様変わり-5日から全人代

中国は今後2週間で10年に1度の指 導部交代を完了する。新政権を率いることになる共産党の習近平総書記 には、汚職対策や所得不均衡是正の取り組みを具体化するよう圧力が高 まっている。

5日に始まる全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は2週間続 き、その最後で習総書記が国家主席に、李克強副首相が首相に就く。両 氏は金融システムの基盤を一段と市場に置き、汚職を取り締まり、公害 を抑制すると表明している。

オンライン人口が10年前の指導部交代時と比べ8倍以上に膨らんだ 中国で、習・李体制はかつてないほど世論の目にさらされることにな る。平均10.5%で過去10年成長してきた経済の減速への調整を進める 中、両氏は政権を握り続ける共産党の正当性を維持できるかどうか試さ れる。

米ブルッキングズ研究所ジョン・L・ソーントン中国センターのデ ィレクター、ケネス・リバサル氏は「習、李両氏は10年前よりひどく大 規模な汚職がはびこり、貧富の格差の大きい環境破壊が進んだ国家を引 き継ぐことになる。国民が政府に今求めているのは、国民をもっと尊重 してほしいということだ」と述べた。

非公開の全人代にはほぼ3000人の代表が参加する。新たに指名され る閣僚が明らかになるほか、省庁統合の計画の詳細が示される可能性も ある。

原題:China Congress Offers Xi-Li Partnership Chance to Unveil Policy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE