JPモルガン:昨年のトレーディング損失、41日に増加

米銀JPモルガン・チェースが2012 年通年でトレーディング損失を出したのは41日で、前年の27日から増加 した。ただ、同年10-12月(第4四半期)は2日にとどまり、7-9月 (第3四半期)の10日から減少。信用デリバティブ(金融派生商品)取 引で巨額損失を出した影響が落ち着いてきたことが示唆された。

同行の28日の当局への届け出によると、昨年の261営業日のうち利 益を計上したのは220日で、うち8営業日で一日当たり2億ドル(約185 億円)以上を稼いだ。

JPモルガンのチーフ・インベストメント・オフィス(CIO)部 門は昨年、「ロンドンの鯨」の異名を取るトレーダーがポジションを積 み上げたことで62億ドル強の損失を出した。ジェイミー・ダイモン最高 経営責任者(CEO)は、問題に関与したトレーダーやマネジャーらを 一掃し、同部門の幹部を入れ替えた。

原題:JPMorgan Traders Lost on 41 Days as ‘London Whale’ Unwinds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE