ダラス連銀総裁:債券購入の段階的縮小必要-有用な限度で

ダラス連銀のフィッシャー総裁は28 日、米連邦準備制度理事会(FRB)が米経済に投入した資金は恐らく 有用な限度に達しており、資産購入ペースを段階的に縮小し始めるべき だとの見解を明らかにした。

同総裁はCNBCテレビとのインタビューで、「われわれは景気回 復の燃料源だった。だが、それには限度があると思う」と指摘。「段階 的に縮小すべき時期だと考える。停止する時期ではない」と語った。

原題:Fed’s Fisher Urges Tapering Bond-Buying on Usefulness Limit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE