米家計債務残高:第4四半期は0.3%増の約11兆ドル-NY連銀

昨年第4四半期(10-12月)の米家 計債務残高は前期比で0.3%増加した。学資ローンや自動車ローンの残 高が増加したほか、クレジットカード利用による債務残高も増えた。

ニューヨーク連銀が28日発表した四半期調査報告書によると、消費 者の債務残高は前期比310億ドル増加して11兆3400億ドル。住宅ローン 残高はほぼ変わらずの8兆300億ドル。ホームエクイティ(住宅評価額 から住宅ローン残債を差し引いた含み益)に基づく信用枠は1.7%減少 して5630億ドルだった。

第4四半期の自動車ローン残高は150億ドルの増加、学資ローンの 残高は100億ドル増えた。クレジットカードの利用残高は50億ドル増加 した。ニューヨーク連銀のデータによると、2008年第3四半期のピーク 時には米消費者の債務残高は12兆6800億ドルだった。

原題:Fed Says Household Debt Increased 0.3% During Fourth Quarter (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE