NY金:続落、景気楽観で-月間では16年ぶりの5カ月連続安

ニューヨーク金先物相場は続落。景 気に対する楽観を背景に、金に逃避する動きが後退した。月間では過 去16年間で最長の連続安となった。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数は前週比で減少し た。ドイツの2月の失業者数は予想に反して減少。日本の1月の鉱工業 生産指数は前月比で2カ月連続して上昇した。金は今年に入って5.8% 下落。昨年までは12年連続で上昇し、価格は6倍に跳ね上がった。

RJオブライアン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話取材に対し、「世界的に経 済状況に改善の兆しが表れているとの事実に誰もが気づき始めているた め、金はもはや選好される資産ではなくなっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比1.1%安の1オンス=1578.10ドルで終了。月間では5%下 げ、1997年1月以来最長となる5カ月連続の下落となった。

原題:Gold Drops, Extends Longest Run of Monthly Declines in 16 Years(抜粋)

--取材協力:Maria Kolesnikova.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE