ラスキンFRB理事:銀行の評判、政府救済で傷ついた

米連邦準備制度理事会(FRB)の ラスキン理事は、銀行監督当局は米銀の評判に影響を及ぼすリスクに一 段と注意を払う必要があると指摘。政府による救済、サブプライム(信 用力の低い個人向け)住宅ローン問題や差し押さえ、住宅価格下落や失 業をめぐる米国民の怒りは消えていないためだと説明した。

ラスキン理事は28日、アトランタでの講演で、「苦境を経験した米 国民の多くにとって、その原因は金融機関、特に大手金融機関が直接的 に引き起こしたものだ」と発言。「苦しい状況にある家計が犠牲を払わ される一方、責任を追及されなかった銀行を支援したように見える大規 模な政府の介入について、国民はまだ不満に思っている」と述べた。

理事はその上で、銀行が世間での評判にどのように対応しているか について、銀行幹部や監督当局は一段の注意を払う必要があると指摘。 銀行が悪いイメージに見舞われれば、手数料を生む金融商品の発売が困 難になる可能性があるほか、預金を失う恐れがあると話した。

原題:Fed Governor Raskin Says Bank Reputations Tarnished by Bailouts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE