ドイツ:2月のインフレ率1.8%、予想上回る-EU基準

ドイツの2月のインフレ率は、事前 予想を上回った。

独連邦統計庁が28日発表した2月の消費者物価指数(CPI)速報 値は、欧州連合(EU)基準で前年同月比1.8%上昇。ブルームバーグ がまとめたエコノミスト20人の予想中央値では1.7%上昇が見込まれて いた。1月のインフレ率は1.9%だった。2月は前月比で0.8%上昇。

ABNアムロのエコノミスト、アリン・スハウリング氏(アムステ ルダム在勤)は「今後についてみると、比較的強い成長と低金利によっ てドイツのインフレ率はユーロ圏全体の平均を上回るだろう」と述べ た。

ドイツ経済は昨年10-12月(第4四半期)のマイナス成長から回復 しつつある。失業率は20年ぶり低水準に近く、賃金上昇傾向が消費と物 価上昇を促しそうだ。ドイツ連邦銀行(中央銀行)は今年のインフレ率 を平均で1.5%、来年を1.6%と見積もっている。

ブルームバーグ調査によれば、3月1日発表されるユーロ圏の2月 のインフレ率は1.9%のもようで、1月の2%から鈍化したとみられ る。

原題:Germany’s Inflation Rate Dropped Less Than Forecast in February(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.