NY外為:ユーロが下落-インフレ鈍化でECBに刺激策余地

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロがドルに対して下落。イタリアでの政権樹立をめぐる混乱が影響し た。また、域内のインフレ鈍化で欧州中央銀行(ECB)に刺激策の実 施余地が生まれたことも手掛かり。ユーロは対ドルで、月間ベースでは 昨年7月以降で初の値下がりとなった。

ユーロはこの日、主要通貨の大半に対して下落。ECBのドラギ総 裁は27日遅くミュンヘンでのイベントで、金融政策を近いうちに引き締 める考えはないことを示唆した。昨年10-12月(第4四半期)の米実質 国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)改定値は速報値のマイナス から上方修正され、辛うじてプラス成長となった。南アフリカ・ランド は対ドルで下落。同国の1月の貿易赤字は過去最大となった。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ジョー・マニンボ氏(ワシントン在勤)は「イタリアで混乱が解 消されていないことを考えると、1.31ドルを上回るユーロの水準は危険 な橋を渡ることのように思われた」とし、「きょうユーロは域内のファ ンダメンタルズを材料に取引されており、よって不安定な状況になって いる」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時11分現在、ユーロは対ドルで前日 比0.6%安の1ユーロ=1.3057ドル。月間では3.8%下げた。対円ではこ の日0.3%下げて120円85銭。月間では3%下落。ドルはこの日対円 で0.4%上昇し、1ドル=92円56銭。

ランドが安い

ブルームバーグのデータによれば2月の月間ベースでは、ドルに対 しブラジル・レアルが0.7%上昇し、主要16通貨中で最大の上げとなっ た。韓国ウォンは0.5%上昇。一方で英ポンドは4.4%安、ノルウェー・ クローネは4.8%下げた。

南アフリカ歳入庁が発表した同国の1月の貿易赤字は245億ランド に達した。昨年12月は27億ランドだった。ブルームバーグがまとめたエ コノミスト予想の中央値は97億ランド。

ランドは2.4%安の1ドル=9.0246ランド。

イタリアのポリヨ財務次官は27日、民主党のベルサニ党首を中心と する中道左派と、ベルルスコーニ前首相率いる中道右派陣営による連立 政権が「唯一可能な道だ」と発言。2011年11月に首相を降板したベルル スコーニ氏は緊縮策の見直しを選挙公約としていた。

欧州めぐる懸念

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が28日発表した1月の ユーロ圏消費者物価指数(改定値)は前年同月比2%上昇。前月 は2.2%上昇だった。EUの行政執行機関である欧州委員会は22日、ユ ーロ圏では今年、7カ国でマイナス成長になるとの予想を示した。

クレディ・アグリコルの為替ストラテジスト、シレーン・ハラーリ 氏(ニューヨーク在勤)は電話取材で、「欧州では現在、不透明感が強 い。イタリアの政治的な行き詰まりやユーロ圏の成長への懸念が広がっ ている」とし、「こうした懸念がユーロの上昇を抑えているのは確実 だ。今年初めとは逆の状況になっている」と続けた。

ブルームバーグのエコノミスト調査では、ECBは来週の政策決定 会合で政策金利を0.75%で据え置くと見込まれている。

米商務省が28日発表した第4四半期の実質GDP改定値は前期 比0.1%増。速報値は0.1%減だった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.5%高の81.987と、昨年8月22日以来の高水準を付けた。

原題:Euro Declines as Cooling Inflation Gives ECB Scope for Easing(抜粋)

--取材協力:Neal Armstrong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE