ドイツ:2月失業者数は3000人減、予想横ばい-失業率6.9%

ドイツの2月の失業者数は横ばいの 予想に反して減少した。ドイツ経済が昨年10-12月期のマイナス成長か ら立ち直りつつあることを示す兆候が増えている。

独連邦雇用庁(FLO)が28日発表した2月の雇用統計によると、 失業者数は季節調整済みで前月比3000人減の292万人。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト33人の予想中央値は前月比横ばい だった。失業率は6.9%で前月から変わらず。1月の失業率は6.8%から 改定された。

バイエルン州立銀行のエコノミスト、シュテファン・キパー氏は 「低コストの資金に支えられた投資が、前四半期の冷え込みから回復 し、再び成長の原動力となっている」とし、「全体像は明るい。雇用状 況に支えられた比較的強い内需に加え、輸出見通しの改善に勇気づけら れる」と述べた。

ドイツ連邦銀行(中央銀行)が先週示した予想によると、独経済は 1-3月(第1四半期)に、2012年10-12月(第4四半期)のマイナ ス0.6%からプラス成長に戻る見込み。

原題:German Unemployment Unexpectedly Falls as Economy Recovers (1)(抜粋)

--取材協力:Joseph de Weck、Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE