アップル製品販売差し止め申請を却下、サムスンが敗訴-地裁

送信技術の特許権侵害をめぐる民事 訴訟で東京地裁(大鷹一郎裁判長)は28日、米アップル製品の国内販売 差し止めを求めた韓国サムスン電子の仮処分命令申し立てを却下した。

対象はスマートフォン(多機能携帯電話)の「iPhone(アイ フォーン)」と、タブレット端末の「iPad(アイパッド)」。ま た、同日の判決では、サムスンはアップルに対し、特許権侵害による損 害賠償請求権を持たないことを確認した。

両社はスマートフォンやタブレットの特許に関する訴訟を、世界各 地で展開中。昨年8月の同地裁判決ではサムスンが勝訴していた。

今回の判決ではサムスン敗訴の理由を、アップルの特許使用の申し 出に誠実に対応しなかったためと説明。アップルが使用する技術の一部 がサムスンの特許の「技術的範囲に属する」としたものの、サムスン側 の対応を理由に、申し立てを退けた。

サムスンの広報担当、ナム・キユン氏は「失望している。知的財産 権を守るために必要な措置を取る」と述べている。アップル広報の竹林 賢氏はコメントしなかった。

--取材協力:藤村奈央子. Editors: 駅義則, 浅井秀樹