サーベラスCOO、国際興業役員への賠償請求を棄却-東京地裁

更新日時

東京地方裁判所は28日、米投資会社 サーベラスグループのCOOで、観光ビジネスを展開する国際興業(東 京・中央区)の非常勤取締役でもあるマーク・ネポラントほか2人に対 し損害賠償を求めた株主代表訴訟で、原告の訴えを棄却したことが分か った。

国内と海外で観光やレジャー、不動産業を営む国際興業の株主であ る国際興業ホールディングスは、2009年に国際興業の事業再生に携わっ ていたサーベラス出身のネポラント、元役員の河井一彦、清水敏聖の3 被告が同社に多額の損害を与えたとして計260億円(当時約530億円)の 賠償を請求していた。

国際興業HDの宮島忠之代表取締役は、閉廷後ブルームバーグ・ニ ュースの取材に対し、「残念だ。われわれの主張が理解されなかった」 と述べ、控訴する方針を明らかにした。

米サーベラスは04年、UFJ銀行(現三菱東京UFJ銀行)の大口 融資先だった国際興業に出資し、筆頭株主となって経営再建に乗り出し ていた。原告は元役員らが米国金融機関から2000億円近くの巨額で高利 の借り入れを強行し、サーベラスがその資金の大半を自らが持つ国際興 業グループ向け債権の回収に充てたことなどを問題視していた。

被告側の弁護人を務めた中久保満昭氏は、ブルームバーグの電話取 材に対して「当方の主張が受け入れられ妥当な判決だと考えている」と 述べた。