米ウォルマート幹部、売り場の欠品状態の悪化を警告-議事録

米小売り大手ウォルマート・ストア ーズの米国部門で最高経営責任者(CEO)を務めるビル・サイモン氏 は同社幹部に対し、店舗内の売り場の欠品状態が「一段と悪化してい る」と伝えていたことが、ブルームバーグ・ニュースが入手した幹部会 議の議事録で明らかになった。同社は税負担が増した消費者を引き付け るのに苦慮している。

2月1日の会議の議事録によると、サイモンCEOは「商品はすぐ に棚から消え、補充されない」と指摘。この状況を「自ら招いた傷で最 大のリスクだ」と警告し、欠品問題に対処する担当者に執行副社長を充 てたと語った。

かつて物流の手本とされたウォルマートは、少なくとも2011年から 欠品問題の改善に取り組んでいる。売り場を点検して数百点の商品が購 入可能かどうかを確認するコンサルタントを雇い、商品補充のために店 舗案内係の再配置さえも行った。商品補充をめぐる問題は、同社が取り 扱い商品を増やす方向に戻る一方、多くの店舗で人員を減らす中で浮上 した。

ウォルマートの欠品問題は売り上げの伸びの鈍化と同時に起きてい る。サイモンCEOは21日の電話会議で、4月26日までの13週間の米国 の既存店売上高はほぼ横ばいになるとの見通しを示した。12年11月-13 年1月(第4四半期)の比較可能な売上高の伸びは1%と、ブルームバ ーグが集計したアナリスト予想平均の1.4%を下回った。

ウォルマートの広報担当デービッド・トバー氏は電話インタビュー で、この議事録は会社の公式文書ではなく、「誤った解釈やまとまって いない考えが多い」と述べた。

原題:Wal-Mart Struggles to Restock Store Shelves as U.S. Sales Slump(抜粋)