2月の米自動車販売、07年以来の高水準継続か-低金利などで

わずか4年前に融資を受けられなか った新車購入者が今では過去最低水準の金利や利用可能なローン拡大の 恩恵を受け、米自動車市場を引っ張っている。

米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)や販売最大手のオー トネーションなどが充実したローン商品を提供しており、米自動車販売 台数は今年に入り年率換算で1500万台を楽に上回り、2007年以来の高水 準が続いている。

オートネーションのマイク・ジャクソン最高経営責任者(CEO) は今月開催されたJDパワー・アンド・アソシエーツの会議で、「顧客 にとってこれまでで最も有利なローンを用意している」と述べた。

ブルームバーグがまとめたアナリスト10人の予想平均では、2月の 米自動車販売台数は3.7%増の119万台が見込まれている。アナリスト15 人の予想によれば、業界全体の販売台数は季節調整後の年率換算で1530 万台と、1月と同水準の見通し。

マンハイム・コンサルティングのチーフエコノミスト、トム・ウェ ブ氏は今月公表したリポートで、「新車・中古車業界ほどクレジット市 場の解凍による恩恵を受けた部門はない」と指摘。「米連邦準備制度理 事会(FRB)の目先の目標は長期金利を引き下げて住宅ローン市場を 支援することだったが、まずは自動車ローン市場に効果が及んだ」と述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE