中国人民元、決済利用でロシア・ルーブル抜く-SWIFT

決済通貨としての中国人民元の利用 が初めてロシア・ルーブルを上回った。国際銀行間通信協会 (SWIFT)が27日、リポートを発表した。

リポートによれば、世界の決済システムにおける1月の人民元決済 は前月比24%増、前年同月比171%増。ルーブルは前月比5.4%減った。 世界の決済に占める人民元利用の割合は0.63%と過去最高を記録。人民 元は世界で13番目によく利用される通貨となった。ルーブルの割合 は0.56%で15番目。

世界で最もよく使われる通貨はユーロでその割合は40.2%(前年同 月は44%)。米ドルの33.5%(同29.7%)、英ポンドの8.6%(同 9%)と続く。1月は日本円を含む上位4通貨が全体の約85%を占め た。

SWIFTの上級ビジネスマネジャー、ジェームズ・ウィルズ氏は ニューヨークからインタビューに応じ、「非常に若い通貨」の人民元は 「伸びが劇的で、これが続くと見込まれる」と述べた。香港やロンド ン、シンガポールといったオフショア金融センターが人民元決済の拡大 を後押ししているとリポートは指摘している。

世界の決済における各通貨の割合(2013年1月時点)
1. Euro              40.17%
2. U.S. Dollar       33.48%
3. British Pound      8.55%
4. Japanese Yen       2.56%
5. Australian Dollar  1.85%
6. Swiss Franc        1.83%
7. Canadian Dollar    1.80%
8. Singapore Dollar   1.05%
9. Hong Kong Dollar   1.02%
10.Thailand Baht      0.97%
11.Swedish Krona      0.96%
12.Norwegian Krone    0.80%
13.Chinese Yuan       0.63%
14.Danish Krone       0.58%
15.Russian Ruble      0.56%

原題:Yuan Overtakes Ruble as World Payments Currency, SWIFT Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE