EUがバンカー賞与規制で合意-固定給の倍超えは原則禁止へ

国際銀行資本規制「バーゼル3」の 欧州での実施案に盛り込まれるバンカーのボーナス規制について、欧州 連合(EU)各国当局者と欧州議会の代表が暫定合意に達した。固定給 の倍を超えるボーナスが原則禁止される。今回の合意によって、バーゼ ル3の実施をめぐる約1年半に及ぶEU内の議論が決着する可能性があ る。

EUの行政執行機関である欧州委員会のバルニエ委員(域内市場・ 金融サービス担当)は、28日の未明まで続けられたブリュッセルでのマ ラソン協議の終了後、EU各国政府と欧州議会が合意を正式に承認する 必要があると語った。

欧州議会の議員らは、バーゼル3の実施に関するEU法にバンカー の変動報酬への規制を盛り込むことを要求。この日の合意案によれば、 銀行が固定給を上回る賞与をバンカーに供与するには株主の66%の承認 が必要になり、株主資本全体の半分に満たない数で議決が行われる場 合、この比率は75%に引き上げられる。

EU当局者らによると、固定給の倍を超えるボーナスは原則禁止さ れるが、経営危機に陥った際に価値が目減りする債券や株式など損失を 吸収するタイプの証券には特例が適用される。ただし、賞与のその部分 の支払いを少なくとも5年間繰り延べることが条件になる。

原題:Banker Bonuses Face World’s Toughest Curbs in EU Basel Law Deal(抜粋)