UBS:ロサンゼルスの投資銀行オフィス閉鎖へ-最大20人削減

更新日時

スイス最大の銀行UBSは、ロサン ゼルスのオフィスを閉鎖し、最大20人のバンカーと補助スタッフを削減 する。同行は投資銀行の事業再編を進めている。

UBSの広報担当、カリナ・バーン氏は電話取材に対し、一部の行 員がサンフランシスコに異動する可能性があり、そこでカリフォルニア 州南部の顧客への対応を継続すると述べた。UBSは昨年10月、約1万 人を削減し、必要資本の大きいトレーディング事業から撤退する計画を 発表した。

バーン氏は、「今回の措置は、当行の戦略実行における次のステッ プの一環だと考えてもらってよい。つまり、われわれが成功できると考 える分野に重点を置くことで、当行の投資銀行モデルを改善するという ことだ」と述べた。

セルジオ・エルモッティ最高経営責任者(CEO)は、資産運用業 務に集中し、2015年に株主資本利益率(ROE)を少なくとも15%に引 き上げるため、債券トレーディング業務の大半から撤退を進めている。 UBSは引き続き、法人顧客向けに投資助言の提供や、債券・株式発行 の引き受けを行う。

バーン氏によると、ロサンゼルスのオフィスの閉鎖は15-20人に影 響。UBSは同市で一部の債券トレーダーの雇用は維持する方針だとい う。

原題:UBS Shuts L.A. Investment-Banking Office With Up to 20 Staff (1)(抜粋)

--取材協力:Rodney Yap.