ドラギ総裁:金融政策ができることには限界ある

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は27日、金融政策ができることには限りがあると述べ、各国政府に対 し構造改革の実施とユーロ圏での健全な政治・経済同盟の構築を求め た。

ドラギ総裁はミュンヘンでの講演で、「ECBの任務がようやくこ こまで拡大適用されたことを強調することは重要だ」と発言。「金融政 策が達成できることと達成を目指すべきことには明確な限界がある。わ れわれは不健全な予算を修正できないし、経営難の銀行も整理できな い。欧州経済の構造上の根深い問題を解決できない」と述べた。

また同総裁は、経済改革の進展は「驚くべきものがある」とし、欧 州連合(EU)などの救済策を受けている国の調整の規模は「特に素晴 らしい」と語った。「赤字は縮小しつつあり、経常収支も改善傾向にあ る。広範な構造改革が進行中だ」と述べた。

同総裁は最終的に「欧州で力強く厚みのある経済・政治同盟の構築 を目指すべきだ。それは全てのユーロ導入国の利益になるだろう」と強 調した。

さらに総裁はインフレの脅威に関する人々の懸念を「かなり深刻」 に受け止めていると述べた。「ただ、中銀の流動性創出とマネーサプラ イ(通貨供給量)を機械的に結び付けることは誤った考えだ」とし、 ECBが生み出す流動性によって「自動的に与信や通貨供給量が拡大す ることはなく、物価上昇圧力に自動的につながることもない」と述べ た。

通貨供給量と与信の伸びはまだ弱くインフレ期待は「しっかり抑制 されている」とし、「従って将来のインフレリスクはしっかりと阻止さ れている」と語った。

原題:Draghi Says ECB Can’t Solve Crisis as Policy Has Clear Limits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE