NY原油:反発、良好な米経済統計で成長への期待高まる

ニューヨーク原油先物相場は反発。 米国の耐久財や住宅関連指標が市場予想を上回ったことから、景気回復 に伴い燃料需要が拡大するとの期待が膨らんだ。

米エネルギー省が発表した先週の原油在庫は113万バレル増加の3 億7750万バレルと、昨年7月以来の高水準となった。ブルームバーグが まとめたアナリスト調査では250万バレル増加が予想されていた。

マニュライフ・アセット・マネジメント(ボストン)のシニアマネ ジングディレクター、チップ・ホッジ氏は「経済指標の多くが良好で、 市場の支えになっている」と指摘。「在庫状況は健全で、現時点で心配 する理由はまったくない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比13セント(0.14%)高の1バレル=92.76ドルで終了した。年初から は1%上昇、今月に入ってからは4.9%値下がりしている。

原題:WTI Oil Rises After U.S. Data Bolsters Confidence in Economy(抜粋)

--取材協力:Grant Smith.