FRB議長:米国は「失われた10年」に直面せず-日本と違い

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は27日、米国は日本のような「失われた10年」に直面し ないとの見解を示した。日本を苦しめてきたデフレは米国では金融当局 者の努力により回避できていると説明した。

バーナンキ議長は27日、下院金融委員会での質疑応答で「非常に重 要なのは、連邦準備制度がインフレを2%近辺に維持し、米国は日本に とって大きな問題だったデフレを回避できているということだ」と発言 した。

同議長は日米両国には「重要な相違点」があるとし、「日本は米国 よりも急速に高齢化が進んでいる。実際に、日本の労働人口は縮小しつ つある。銀行セクターの問題も米国以上だ。米国はより迅速に銀行を立 ち直らせることができた」と説明した。

バーナンキ議長はさらに日本銀行は積極性が足りないと指摘。「日 銀は慎重過ぎた」と述べ、「日本に関して最も顕著な事実は、デフレに 陥りかなり長期にわたり物価が下がっているということだ。これは金融 政策が物価の安定性を達成できていないことを示唆する」と語った。

原題:Bernanke Says U.S. No Japan as 2% Inflation Avoids ‘Lost Decade’(抜粋)