ドラギECB総裁:刺激策解除の出口戦略検討には「程遠い」

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は27日、 来年はインフレ率が目標を下回る見通しであり、金融政策 を早期に引き締める考えはないことを示唆した。

ドラギ総裁はミュンヘンでのイベントで、金融市場の信頼が回復し 銀行の緊急融資返済が進むにつれてECBのバランスシートは自然に縮 小するとみられるものの、金融刺激策の出口戦略の検討には「程遠い」 と言明した。来年のインフレ率が2%を大幅に下回るとECBが想定し ているとも語った。

同総裁はまた、金融市場の状況は改善しつつあるが、ユーロ圏経済 は依然として「弱い」と述べ、ECBの緩和策が年内の「緩やかな景気 回復」を後押しするとの見方を示した。

この日はECBのメルシュ、プラート両理事が緊急の景気刺激策を 長期間続け過ぎることのリスクを警告した。ドラギ総裁もECBの行動 には限界があると述べ、域内の債務危機解決は政府の責務だとの認識を 示した。

同総裁は「ECBの責務がこれまでのところ拡大する一方であるこ とを強調しておくのは重要だ」と述べ、「金融政策が達成を目指すこと が可能で、またそうすべき範囲には明確な限界がある。不健全な財政の 是正や経営難の銀行の整理、欧州経済の構造上の根深い問題の解決とい ったことをわれわれが行うことはできない」と付け加えた。

原題:Draghi Signals ECB in No Rush to Tighten Monetary Policy Soon(抜粋)