欧州株:反発、EADS上場来高値-業績見通しでブイグも高い

27日の欧州株式相場は反発。約2週 間ぶり安値で前日を終えたストックス欧州600指数は上昇した。 EADSやブイグなどの欧州企業の業績がアナリスト予想を上回ったこ とが買い材料。

エアバスの親会社で航空宇宙・防衛関連のEADSは上場来高 値。2013年通期の増益見通しを示した。フランスのブイグは1年半ぶり 大幅高。電話部門の利益率が向上するとの予想が好感された。一方、ド イツのケーブル会社、カベル・ドイチェランド・ホールディング は3.7%の値下がり。同社に買収を打診する計画を英ボーダフォン・グ ループが保留したと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

ストックス欧州600指数は前日比0.9%高の287.17。一時は0.3%下 げた。前日はイタリア総選挙後の同国の国債利回り上昇を嫌気し て1.3%下落し、今月7日以来の安値で取引を終了していた。

クレディ・スイス・グループのグローバル株式ストラテジスト、ア ンドルー・ガースウェイト氏(ロンドン在勤)は「株式はオーバーウエ ートの姿勢を維持している」とリポートに記述。「当社の株式戦略指標 は相場の値固め局面に一致するが、われわれはこれを買いの好機と捉え る。より力強い景気の勢いに沿って最近は、世界的に企業の業績が上向 きに修正され始めている」と付け加えた。

欧州連合(EU)の欧州委員会がこの日発表した2月のユーロ圏景 況感指数は速報値で91.1と、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト29人の予想中央値(89.9)を上回る改善を示した。先月は89.5 に改定された。

この日の西欧市場では、18カ国中14カ国で主要株価指数が上昇し た。

原題:European Stocks Climb as EADS, Bouygues Exceed Profit Estimates(抜粋)