FRB議長:緩和策は米国債、MBS市場を混乱させていない

米連邦準備制度理事会(FRB)の バーナンキ議長は、当局の資産購入が米国債および住宅ローン担保証券 (MBS)市場に混乱を生じさせてはいないとの認識を示した。

議長は27日、下院金融委員会での証言後に質疑に答え、当局は市場 機能を「極めてしっかりと」監視しており、「これまでのところ、顕著 な悪影響は見られていない」と述べた。

原題:Bernanke Says Treasury, MBS Markets Not Disrupted by QE (抜粋)