バークレイズ、ボーナス624億円削る-LIBOR罰金の穴埋め

英国の銀行バークレイズはバンカー のボーナスに充てる金額を4億5000万ポンド(約624億円)減らす計画 だ。ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作に関連して支払った罰 金を穴埋めする。事情に詳しい関係者が明らかにした。

4億5000万ポンドの大半は2012年ボーナス原資から差し引く。残り はそれ以前の年の株式賞与から徴収する。関係者が匿名を条件に述べ た。同行は今月12日に20年ぶりの通期赤字を発表するとともに、従業 員3700人と年間経費17億ポンドを減らす計画を示した。

アントニー・ジェンキンス最高経営責任者(CEO)は業績立て直 しと不祥事の再発防止に取り組んでいる。バークレイズの広報担当者は ボーナス減額についてコメントを控えた。

同行は今月、ローンの支払保障保険などの不当販売での賠償に備 え10億ポンドを追加で引き当てるとし、ボーナスを削減する方針を明ら かにしていた。LIBOR関連での減額についてはこの日、スカイ・ニ ュースが報じていた。

原題:Barclays Cuts Bonuses by 450 Million Pounds After Libor Scandal(抜粋)