プラートECB理事:緩和策の長期化は政策効果そぐ恐れ

欧州中央銀行(ECB)のプラート 理事は27日、ECBが緩和的な金融政策を長く続けるほど、その効果は 薄れる可能性があるとの認識を示した。

同理事はフランクフルトで講演し、同じ政策による介入を一段と大 規模に必要とするほど「マクロ経済への影響力は段々と希薄になる」と 述べた。発言内容はECBが配布した講演テキストに基づく。

プラート理事は「金利が長期間低水準にとどまり、潤沢な流動性が 供給されるとの期待は、業務合理化やバランスシート修復への市中銀行 のやる気をそぐ恐れがある」と指摘した。

同理事によれば、ギリシャやスペインなどでは国内経済のバランス 再構成の取り組みが成果を上げ始めており、ユーロ圏経済における成長 の「芽吹き」が鮮明になりつつある。「世界の環境が本当に明るくない 中で、輸出が強まっている。これは各国による経済リバランスの努力が 実を結び始めていることを示している」としている。

プラート理事は、民間債務圧縮や政府のバランスシート改善を進め る中で、域内の経済をオープンにする構造改革に進展を見いだすことが できるとも説明。「危機に苦しんだ国が持続可能な成長への軌道に戻る という展望において、こうした全ての展開が慎重ながらも楽観的になれ る理由だ」と述べた。

原題:ECB’s Praet Says Accommodative Policy Could Lose Effectiveness(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE