トルコ、五輪招致へ5度目の挑戦-急成長の経済と若さ訴える

トルコのイスタンブールは2020年夏 季オリンピックの招致に向け、急成長を遂げる経済と都市の若さを訴え ている。

イスタンブールは世界最大のスポーツイベント開催を目指して東京 とスペインのマドリードと競っている。イスタンブールが立候補するの は2000年、04年、08年、12年大会に続いて5回目。国際オリンピック委 員会(IOC)は9月にアルゼンチンのブエノスアイレスで開く総会で 開催都市を決定する。

イスタンブール五輪招致委員会のハッサン・アラット委員長は26 日、ロンドンでのインタビューで、「今回はこれまでと全く違う。5度 目の挑戦になるが新しいトルコにとっては初の立候補だ」と語った。

アラット委員長は「トルコは欧州地域で最も経済成長ペースが速 い」と述べ、「02-11年の年間成長率は5.2%だ。23年までに国内総生 産(GDP)の規模で世界トップ10に入ると予想している。トルコ、そ してイスタンブールの時が来た」と語った。

同委員長によると、イスタンブール市民の94%が五輪開催を支持。 同都市の人口の半分は25歳未満だという。

原題:Istanbul Highlights Economy, Young Population in 5th Olympic Bid(抜粋)

--取材協力:Selcan Hacaoglu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE