英中銀の資産購入、小刻みな長期継続が必要-フィッシャー氏

イングランド銀行(英中央銀行)金 融政策委員会(MPC)のフィッシャー委員は資産購入プログラムにつ いて、経済見通しに基づきこれまでより緩やかなペースで長期間続ける ことを支持するとの認識を示した。

同委員はロンドンでの26日の講演で、追加的な量的緩和策として資 産購入枠を250億ポンド(約3兆4800億円)広げることを提案したこと に触れ、MPCは「少し違うダイナミックなアプローチ」で債券購入の 拡大を検討すべきだと述べた。今月のMPC会合ではフィッシャー委員 とキング総裁、マイルズ委員が量的緩和策の拡大を支持したが、反対多 数で資産購入枠は据え置かれた。

フィッシャー委員は、景気は横ばいで縮小しておらず、デフレのリ スクが「相当低下している」と指摘、「経済を次の段階の回復に導くに は、よりゆっくりとしたもっと段階的な支援政策がより適切でリスクが 小さいだろう」と語った。

原題:BOE’s Fisher Sees Need for a Longer Run of QE at Slower Pace(抜粋)