EU首脳、イタリアに圧力-緊縮路線の挙国一致内閣樹立を

欧州連合(EU)首脳はイタリアの 各政党に対し、財政緊縮を公約する挙国一致内閣を樹立するよう圧力を かけた。イタリア総選挙後の政局混迷で、市場ではユーロ圏債務危機の 再発が懸念されている。

ファンロンパイEU大統領は26日、エストニアのタリンで、財政規 律と経済改革が後退すれば、ユーロ圏の危機管理能力への市場の信頼感 は崩れるだろうと警告。

ファンロンパイ大統領はエストニア議会で、「危機を脱した後に注 意すべきなのは自己満足に陥る危険性があることだ」とした上で、「後 戻りはできない。われわれにはその余裕はない」と発言した。

EUの行政執行機関、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当) はコペンハーゲンでのインタビューで、「イタリアで機能可能な政権を 発足させることが重要だ」と語った。ドイツのウェスターウェレ外相は 声明で、債務危機により欧州全体が「運命共同体」になっており、イタ リアの政治安定が極めて重要だと表明した。

原題:EU Chiefs Tell Italy Voters There’s No Alternative to Austerity(抜粋)

--取材協力:Stephanie Bodoni、Peter Levring、Caroline Connan、Gregory Viscusi.