ゴールドマン:電子取引責任者のテューサー氏が退社へ

米ゴールドマン・サックス・グルー プは、電子トレーディング事業のグローバル責任者グレッグ・テューサ ー氏が退社することを明らかにした。同社の株式トレーディングによる 収入は世界の銀行で最大。

テューサー氏(43)は13年間在籍。ゴールドマンが26日に従業員宛 に送付した社内メモによると、同氏は5月末に退社するまでREDIト レーディング・ソフトウエア事業に取り組む。同社広報担当者のマイケ ル・デュバリー氏がメモの内容を確認した。

テューサー氏はゴールドマンによるスピア・リーズ・アンド・ケロ ッグ買収に伴い、2000年に入社。03年にマネジングディレクターに起用 され、08年にパートナーに昇格した。

事情に詳しい関係者によれば、電子取引を扱うゴールドマン・サッ クス・エグゼキューション・アンド・クリアリングのトレーディング事 業は、グループ傘下のブローカーディーラー、ゴールドマン・サック ス・アンド・コープに年央までに統合される。情報が非公開であること を理由に匿名で語った。

また事情を知る別の関係者によると、ゴールドマンはコスト削減の 一環として、株式トレーディング部門の人員5%強の削減を27日から開 始する予定。債券・通貨・商品トレーディング部門の人員カットは5% 未満になるという。同社の人員削減計画についてはロイター通信が25日 に報じていた。

原題:Goldman Sachs Electronic Trading Chief Tusar to Leave Firm (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE