米上院:ヘーゲル国防長官を承認-共和党はイラクめぐる姿勢

米上院は26日、ヘーゲル元共和党上 院議員を次期国防長官に起用する人事を賛成58、反対41で承認した。オ バマ大統領は、国防費が削減され、脅威がテロからサイバー戦争へと変 わりつつある時代にふさわしい人物としてヘーゲル氏を指名したが、指 名承認をめぐる党派対立が数週間続いていた。

上院はヘーゲル氏の指名承認に先立ち、議事妨害(フィリバスタ ー)を終結させる動議を可決した。国防長官人事が議事妨害を受けたの は初めて。ベトナム戦争に従軍経験のあるヘーゲル氏は、退任するパネ ッタ長官の後任となる。

共和党は、ヘーゲル氏が過去にイラク戦争での米軍の増派に反対し たことや「ユダヤ・ロビー」の影響をめぐる発言などを批判しており、 同氏との新たな対決に向けて準備を進めていた。

共和党は14日、さらなる情報を得る時間が必要だとして、ヘーゲル 氏の承認を見送っていた。議事妨害を終結させる最初の動議は賛成58 票、反対40票で否決された。可決には60票が必要だった。26日の妨害終 結動議は賛成71票、反対27票で可決された。

原題:Senate Confirms Hagel as Defense Chief After Weeks of Debate (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE